MGL -マウンテンギアラボラトリー

Mountain Gear Laboratoryはギアマニアによるストーブやウェア類などオススメの登山用品のレビューとテン泊縦走や雪山等の山行記録

オススメULザック【随時更新】

      2018/02/26

タイトルの通りオススメのザックを紹介していきます♪
自分で使って良かった物、友達が使っていて良いと思った物、雑誌に載っていて気になっている物も載せてしまうかもしれません。
日帰り用や小屋泊、軽量でのテン泊・ツェルト泊向けとして35L未満と、長期縦走やULだけどそこそこ荷物を持ってしまう方向けに35L以上と分けて紹介します。

どうぞザック選びの参考にして下さい。
新しいザックを載せる度に新しい投稿として更新していきます。

ULザック35L未満

【山と道】MINI

山と道 MINI ミニ

山と道 ロゴ

容量25L(最大約30L)
推定重量340g(付属品含まず)
※MINI X-Pac ver.の重量です。素材が変わると変わります。
想定荷重~8kg
素材種類によって異なる

ULザックで有名なガレージメーカーの山と道が作る小型バックパックのMINI(ミニ)です。デイハイクやタープ・ツェルト・シェルターなどのUL装備での1泊や2泊向けになっており、ウエストベルトも付属していますが基本はショルダーベルトのみで肩で背負います。

フレームとなる骨組みは入っていませんが、マットにもなるミニマリストパッドという物が背面に入っていて、これがフレーム代わりとなり背負いやすさを向上させています。夏などでこのパッドが暑くて嫌な方はオプションで熱がこもらない物にも変えられたり、外付けでスタッフパックやジップパックなどカスタムも多彩です。
生地やジッパーは防水性の高いものを使用しているため小雨程度ならこのまま行動出来ますが、やはり完全防水ではないので防水対策が必要です。せっかくの軽量ザックですし見た目も良いのでザックカバーではなくSEA TO SUMMITの「ウルトラSILパックライナー」のようなザック用ドライサックを使うのがオススメです。
機能で一番のオススメはやはりサイドポケットです。山と道のONEもそうなのですが、500mlのペットボトルが2本きれいにすっぽりと収まり、走っても落ちることはありませんし、ザックでサイドポケットの使いやすさはかなり重要なポイントだと思います。山と道の方がブログでも言ってましたが一番ULな水筒はペットボトルではないでしょうか?特にいろはす!少しお金はかかってしまいますが乱雑に扱えてとても良いですよ。

山と道のザックは販売時期により素材が変わります。この画像のMINIは僕が持っている物ですが現在販売されている「MINI X-Pac ver.」とはたぶんポケットとボトムの素材が違います。タイミングが良いと僕のザックのように素材や色を自分で選んだ唯一無二の物が作れますのでちょくちょくサイトをチェックしてみて下さい。
あと、山と道は受注期間→製作期間の繰り返しで製作期間中は受注しません。受注期間が過ぎるとSOLD OUTになり数か月購入が出来なくなってしまうので購入を決めたら早めにポチッとして下さい。家に届くのも数か月かかります。

このMINIを背負って日本人がUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)のPTLという約300kmを約6日間かけて走りぬくレースに参加し完走したそうです。途中エイドがあるにしてもこのザックで6日間走るなんてす、すごい!

ULザック35L以上

【OGAWAND】OWN

OGAWANDオガワンド OWNオウン

OGAWANDオガワンド ロゴ

容量25~50L
重量530g(±2%)
推奨荷重~15kg
素材本体:210D ダイニーマXグリッド
サイドポケット:ポリメッシュ
背面:3Dメッシュ
背面パッド:PE Lite Form(45g)

ULザックで知名度は山と道ほどではないですがここ最近有名山雑誌にも載るようになってきたOGAWAND(オガワンド)。その名の通り(?)小川さんという方がハンドメイドでオーダーを受けてから製作しています。上の画像の右側です。

OWN(オウン)のすごい所は、今まで季節や登山形態によってザックを変えなければいけないという悩みを解決させた所です。トップ部分の独自のロールトップ機構により25~50Lという幅の広い容量に対応できるようにし、さらにトップからボトムまでつながっているデイジーチェーンにオプションパーツをつけることによりピッケルやトレッキングポールのループを付けたり、マットを外付け出来るようにしたりと高い拡張性でどんな山行にでも対応できます。通常のザックのように最初から付けておけばいいじゃないかと思う方もいると思いますが、これがULザックです。無駄な装備はいらないのです。
他には、ショルダーベルトが3サイズから選べるようになっており身長の違いをベルトで調節でき例えば1つのザックを夫婦で使いまわしたりも出来ますし、ボトムが通常のザックより高い位置の腰部に当たるようになっており重心を肩甲骨の中心に持ってくることでウエストハーネス無しでも安定し重さを感じず背負えるようになります。こちらも防水対策としてウルトラSILパックライナーを使ってください。

OGAWANDも山と道と同じく受注期間→製作期間となるため受注期間を逃すとSOLD OUTで購入する事が出来なくなります。このザックは僕のではなく友人の物なのですが直接カスタムオーダーで作ってもらった2016年2月現在世界に1点しかない配色のザックだそうです。ちなみにこのオレンジのXパックはちょうどオーダー時に僕も一緒にいて「どの生地がいいか」と友人に聞かれた際、選択肢には無くたまたま生地置き場にぽつんと置かれていたこの生地を見つけ「これは使えないのか」と聞いたらOKとのことでこれに決まりました。試しで仕入れた生地だそうで使ってはいなかったようです。このようにカスタムオーダーで自分好みの物が作れるところが小規模のガレージメーカーの良い所。友人の物ですがこの色お気に入りで同じ物を作りたいくらいw

OGAWANDからは他にもOWNを軽量化した「OWN-LIGHT(オウンライト)」と、小型ザックの「Acperience(アクペリエンス)」や、腰巻サコッシュの「Wrap Sack(ラップサック)」等も販売しています。サコッシュって便利ですが穂高近辺の岩場の登りで邪魔だと思った経験ありませんか?僕はあります。Wrap Sackも欲しいですw

《追記》
東京の江戸川橋と神楽坂の間にあるMT.FABsに行って実際にOGAWANDのOWNを背負わせてもらいました!
まずMT.FABsとは、「WANDERLUST EQUIPMENT」の粟津さんと「OGAWAND」小川さんが立ち上げた新世代の独立系アウトドアガレージメーカーが集う工房兼ショールームです。営業日時は水木の16:00-21:00。様々なマニアックなULギアを見たり触ったり、物によっては試させてくれたりするお店です。特にOGAWANDやWANDERLUST EQUIPMENTを購入したい方は絶対に行った方が良いと思います。直接製作者から話を聞いて作ってもらえる所は他にありません。注意点は、オススメされていろいろ買ってしまう事wぜひご注意ください。

OGAWAND OWN MT.FABs上のオレンジOWNの友達が「友達がOWN受け取りに行くから一緒にどう?」と連絡を受けMT.FABsに行き、13kgのウェイトが入ったOWNを試しに背負わせてもらいました。実はずっと背負ってみたかったのですが、友達のOWNだとショルダーハーネスのサイズが合わず試せなかったんです。試してみた感想は、てこの原理の「支点・力点・作用点」ってありましたよね?それを思い起こさせるザックです。って言われても分かりずらいですよね。でも、小川さんも「そうそう!」と納得してくれたので一番わかりやすい表現だと思います。肩甲骨裏あたりが支点になって、ザックの下部が自ら腰にぐっと寄ってくるんです。胸部と肩甲骨あたり・腰部が上手く作用しあってザック自体が体に密着するので、一般的なザックのようなウエストハーネスが無くとも疲れず背負えるようになっています。このザックはかなりオススメです!欲しかったんですが、お金が無いのと、同様のザックがいくつかあるので断念…。
背負った感じ、OWNはアルパインクライミングや沢登りにも向いていそうです。軽量なのとウエストハーネスが無くても体に密着し体を左右に動かしやすいからです。小川さん自身沢登りをされるようなのでこのようなザックになったのでしょうか!?

今回のMT.FABsで絶対何も買わないと決めていたのに、HPでは販売していない赤いWrap Sackを購入してしまいました!未発売とか限定ものとかに弱いんです…w
サコッシュはぶらぶらして邪魔で最近まったく使っていなかったので大活躍しそうです。
WRAP SACK OGAWAND

【Gossamer Gear】Gorilla

Gossamer Gear Gorilla Dyneema

 Gorilla DyneemaGorilla (現)
容量46L40L(最大約45L)
*本体容量 約32L
重量661g
 本体:412g
 ウエストベルト:145g
 フレーム:100g
819g
 本体:485g
 ウエストベルト:177g
 フレーム:102g
 SitPad:55g
素材140デニール ダイニーマグリッドストップナイロン

以外不明
本体:100デニール ロビックリップストップナイロン
補強部:200デニール ロビックリップストップナイロン
背面部:70デニール シリコンコーテッドリップストップ

OWNに続き友達のザックです。これはGossamer Gear(ゴッサマーギア)というアメリカのULメーカーのGorilla(ゴリラ)いうザックです。このGorillaは2代目でダイニーマという生地を使った「Gorilla Dyneema(ゴリラ ダイニーマ)」というタイプで廃盤になっています。
GorillaはGossamer Gearのフラッグシップモデルとして扱われていて、ULザックの話をしていると良く名前が出てくる良いザックです。
Gorilla Dyneemaの特徴は、オリジナルオーダーの140デニール ダイニーマグリッドストップナイロンという通常の 210デニールダイニーマよりも薄い生地を使い軽量化を図るとともに、もともとダイニーマは強度の高い生地なので十分な強度も兼ね備えています。

Gossamer Gear Gorillaこちらが現在の3代目Gorilla。こちらの特徴は140デニールよりもさらに軽い「100デニール ロビックリップストップナイロン」という生地を使って軽量化し、高密度に織り込むことで以前と同様の生地強度を確保しさらに耐水性もアップさせています。素材を軽くした分、ショルダーやウェストベルトの部分はこれまでよりもしっかりした作りになっています。
どちらのGorillaも中にフレームが入っていて、背面パッドもしっかりとしているので重量を背負っても疲れないザックに仕上がっています。
上記の表を見ると生地を軽量化したにも関わらず現Gorillaの方が重くなっています。それは、ULザックでのロングトレイルを想定しベルトの見直しや背面パッド追加など2代目以上にタフなザックに仕上げた結果です。

【atelier Blue bottle】collar PAC-03

atelierBluebottleアトリエブルーボトル collar PAC-03 カラー

容量約36-48L (ポケット含む)
重量690g前後 (仕様により異なります)
推奨荷重~10kg
背面長S/49cm M/51cm L/53cm
サイズH520 x W280 x D150 mm

ULギアメーカーで山と道と並ぶ人気のアトリエブルーボトルが出しているライトなテント泊までを想定しているザックです。
アトリエブルーボトルといえば大人気の『ハイカーズサコッシュ』。とても良く出来ていて、X-Pac&耐水ジッパーで出来ているので小雨程度なら平気だし、なにより背面のビニール部分は地図を入れすぐに見れたりスマートフォンのタッチパネル機能も使えたりと優れもの。

atelierBluebottleアトリエブルーボトル Hiker's SACHOCHEハイカーズサコッシュatelierBluebottleアトリエブルーボトル collar PAC-03カラー出典:atelier Blue bottle

サコッシュの紹介が先になってしまいましたがアトリエブルーボトルはザックもオススメです。collar PAC-03はかっこいい!容量は40L前後で小屋泊縦走やライトなテント泊で使い勝手の良いサイズ。1番の特徴はポケットの数と容量です。フロントにある大きなオープンポケットと耐水ジッパーのミニポケット、左右に付いているボトルポケットで見た目以上の容量と使いやすさを実現しています。ショックコードで入口をすぼめることも出来るので中身が落ちにくいようになっていて安心。こちらも山と道のザックと同じようにドライサックを使用すれば雨でも中身が濡れてしまう心配がなく、メイン気室が浸水してしまっても底の水抜き穴で水が溜まる心配はありません。この水抜き穴、沢登りではかなり重要です。
本体の素材はULザックでおなじみの軽量で耐久性の高いX-Pac。受注生産となるようですが、ウエストベルトをパッド入りに変えたり、ポケットの素材をキューベンファイバーに変えたりと、ボディカラー以外にも好みでカスタム可能だそうです。ULザックの特徴ともいえるカスタムでぜひ最高の1点を見つけてください。

紹介している商品

他のザック記事

更新情報が欲しい方は「いいね」か「フォロー」をお願いします。

 - ザック , ,