MGL -マウンテンギアラボラトリー

Mountain Gear Laboratoryはギアマニアによるストーブやウェア類などオススメの登山用品のレビューとテン泊縦走や雪山等の山行記録

3/15発売 PEAKS 2016年4月号

      2016/04/12


3/15発売のPEAKS2016年4月号を読んで印象に残った部分の簡単な書評を載せますので購入の参考にしてください。
今回は新作ギアカタログのような位置づけでかなりのボリューム!ギアやブランドを調べるのに大活躍すると思うので買って損はしない1冊です。

驚くほど丈夫な"お名前シール"と"プレミアムIDバンド"が登場!

雨や雪に打たれようが、洗濯機・脱水機→乾燥機にかけようが大丈夫!なシールです。ネット上で自分の名前を入れて注文すると、その名前が印字されて送られてくるそうです。デザインは1種類しかなくて、もっと種類があったら良かったのにな…。シールが入っている袋がすごく良さそうです。

ベストバイ!!マウンテンギア2016

今シーズンの山道具700アイテム以上が紹介されています。気になった商品を紹介していきます。

バックパック

グラナイトギア ルツセン75⇒撥水生地で45L1360g!この大きさでこの軽さは良い。しかも撥水生地でザックカバーがいらない。
クライミット モーション60⇒背面がエアフレームになっていて、膨らませ背面パッドにしている。取り外せば半身サイズのエアマットになります。60Lで1233gと軽量。
山と道 スリー⇒ULザックで人気の山と道3作目のザック。トップが止水ファスナーになっている。
スーリー ヴァーサント60⇒スキー・スノーボードやMTBのカーキャリアで有名なTHULEのザック。この会社、アウトドアギア全般を作っていたんですね。
シロギア 45Lワークサック⇒ピッケルを2本付けられたり細部に様々な機能が付いているが、X-Pacなど軽量な素材を使い軽量に仕上げられている。
マウンテンハードウェア スクランブラーRT40アウトドライ⇒レインウェアで使われている防水浸透性のアウトドライを使っている。トップとボトムどちらもロールトップ式で上下どちらからも荷物を入れられるのが珍しい。
モンベル バーサライトパック40⇒710gと軽量。なにより、10900円とすごく安い!
アークテリクス シエルゾ28⇒モデルチェンジしデザインが大きく変更されました。少し大きくなって高くなった気がします。
エクスペド スプラッシュ15⇒防水バッグを販売しているエクスペドのサブザック。防水バッグに肩掛けストラップが付いているだけですが、100gと軽く、普段は防水バッグとして使っていれば無駄がありません。

ブーツ

う~ん、ブーツは見ただけではよく分かりません…。やはり合う合わないが一番大事。

テント

・ニーモ アンディ2P⇒シングルウォールながらも前室もあり便利です。
・ファイントラック カミナドーム2⇒2人用ダブルウォールで1430gという軽さ!エアライズ1よりも軽いです。
・マウンテンハードウェア ゴーストUL1⇒インナーテントがメッシュですがダブルウォール自立式で751gという軽さ。
・モンベル ステラリッジテント1型⇒新しくフライが4種の色から選べるようになりました。青色がいい色。
・アライテント オニドーム1⇒今カミナドームと共に注目されているテント。ペグダウンすることなく前室が作れます。

シェルター

・ブラックダイヤモンド ファーストライト⇒内側にポールを通す方式で、雨の日でも濡れることなく設営が出来ます。でもこれ、テントではなくシェルターなんですね…
・ファイントラック ツェルト2ロング⇒ハイカーズデポのオリジナルでロングサイズを作っていたら、思いのほか売れて?公式でも販売しだしたツェルト。

スリーピングバッグ

・さかいや×ナンガ エレファントフットスリーピングバッグ100⇒内部全長が130cmと短く、フードが無いタイプのシュラフ。ULユーザーや背が小さい方はこれで十分なよう。適温温度が5℃で195g。

PEAKS PICK UP BRAND

今春から発売開始され、みな大注目のカミナドームとオニドームが製品紹介されています。2つのテントが気になっている方はぜひチェック!

レインウェア

・ティートンブロス ツルギライトジャケット⇒ゴアテックスではなく、防水浸透素材の「ポーラテック ネオシェル」を使用。ティートンブロスはポーラテックス社の製品を使った優秀作品に贈られるPolartec APEX Awardsという賞を「Tsurugi Jacket」「Glory Jacket」と「Glory Jacket&Pant」で受賞しています。このツルギライトジャケットはTsurugi Jacketを軽量化した商品です。ベンチレーションにもなる斜めのジッパーが特徴的。250g。
・アークテリクス ベータSLジャケット
アークテリクス アルファSLジャケット⇒ゴアテックスパックライトを使用した軽量なウエア。フードがヘルメットに対応し軽登山からクライミングまで対応。クライミング使用が多いならベータより裾にウェアのずり上がりを防ぐスポンジが内蔵されているアルファがオススメです。
・アンドワンダー ライトレインジャケット⇒東京を拠点とするガレージメーカー「アンドワンダー」のレインウェアです。180gと超軽量! 

ウインドシェル

・パタゴニア Men'sフーディニジャケット⇒102gと軽量なウインドシェルで大人気な1着。少し厚手のアルパインフーディニジャケットもおすすめです。

インシュレーション

・モンベル プラズマ1000ダウンジャケット⇒世界最高品質である1000フィルパワーのダウンを使い130gと軽量なダウンジャケット。
・パタゴニア メンズ・ナノエア・フーディー⇒化繊と、伸び縮みする特殊なストレッチ綿を使用することで行動時も休憩時も着続けられるウェア。
・ファイントラック ポリゴン2ULジャケット⇒シート状の立体保温材で、綿抜けや片寄りが無く、乾きが早く水濡れにも強いです。

バーナー

・SOTO マイクロレギュレーターストーブウインドマスターSOD-310⇒低温化や長時間使用でも燃焼安定性がほとんど変わらないマイクロレギュレーター搭載。すり鉢型のヘッドから出る収束型の炎で早くお湯を沸かせます。一体型だとこれがベストでは!?
・ジェットボイル マイクロモ⇒ミニモと同じバーナーユニットでソロ用カップを付けたモデル。レギュレーター搭載で低温化での使用や、とろ火のコントロールも出来る。
・MSR ドラゴンフライ⇒細かな火力調整が出来るガソリンストーブ。ホワイトガソリン・レギュラーガソリン・灯油など様々な寝㎜量が使えます。

食器&カトラリー

・FOZZILS ソロパック⇒スナップ留めでフラットから立体化させて使用する。まな板としても使えるし、装備をコンパクトにしたい方へ最適。

ヘルメット

・シンギングロック ペンタ⇒チェコのクライミングギアブランド。205gでとても軽い。
・ブラックダイヤモンド ベクター⇒後部の大きなベンチレーションが特徴的。カラーバリエーションが豊富。

ヘッドライト

・ブラックダイヤモンド スポット⇒定番モデルが大幅リニューアル。200ルーメンに変更され、防水性も高い。
・マイルストーン MS-B3⇒距離センサー搭載で遠くを照らす際は電球色、手元を照射する際はワイドな白色に自動で切り替わる。

ランタン

・UCO ピカ⇒電池ではなく内蔵バッテリーを充電して使用。出力機能もありスマートフォン等も充電できる優れもの。
・マイルストーン MS-D1⇒短い山行なら単三電池3本、長期山行なら6本で、とフレキシブルに対応できるシステムを採用。電球色の柔らかな光。
・ブラックダイヤモンド モジチャージングステーション⇒最大250ルーメンと明るく、USB充電や、電力出力機能でスマートフォンの充電等高機能。
・ソーラーパフ ウォームライト⇒ソーラー充電で電池いらずなエコなランタン。暖色系LEDで温もりののある光。

山岳スーパースター列伝

今回は、最近文学賞を受賞し雑誌やテレビでも見かけるようになったサバイバル登山家の服部文祥。新卒で山と渓谷社に落ちた話など、他では書かれていない服部文祥が知れてなかなか面白い。

山小屋24時間滞在記

今回は鷲が峰ひゅって。駐車場が付いており、ビーナスラインを通ってアクセス出来る宿。この宿は、山小屋でもホテルでも、民宿でもペンションでもないらしい。夕食はフランス料理で生ハムやジャガイモのポタージュ、舌平目が出てとても豪勢!お風呂もあります。収容人数8人で1泊2食で12000円と少しお高め。

OUTDOOR GEAR BRAND COLLECTION

AからZまで計49のブランドの説明とおすすめ商品がのっています。日本ではなかなか見ない「blue ice(ブルーアイス)」や「ICEMULE(アイスミュール)」「injinji(インジンジ)」「LIFE MARQUE(ライフマーキー)」「ORTLIEB(オルトリーブ)」「XERO SHOES(ゼロシューズ)」などのブランドも載っていて、こんな物もあるのかと楽しめます。

簡単な書評ですので内容が気になった方はぜひ購入してお読みください♪

更新情報が欲しい方は「いいね」か「フォロー」をお願いします。

 - PEAKS , ,