MGL -マウンテンギアラボラトリー

Mountain Gear Laboratoryはギアマニアによるストーブやウェア類などオススメの登山用品のレビューとテン泊縦走や雪山等の山行記録

積雪期西穂高岳登頂!去年は悪天候で登れなかったのでリベンジ【2日目】

      2017/08/02

厳冬期西穂高岳の2日目です。1日目はこちらをご覧ください。

さて、1日目は過冷却の雨で独標止まりでしたが、2日目はどこまで行けたでしょうか!?

コースについて

日時2016/3/6(日)
ルート西穂山荘(6:09)→丸山(6:29)→(7:08)独標(7:15)→ピラミッドピーク(7:34)→(8:12)西穂山頂(8:20)→ピラミッドピーク(8:58)→独標(9:13)→丸山(9:42)→(9:51)西穂山荘(10:35)→ボッカ道分岐付近(10:59)→(11:24)西穂高口
所要時間山行:4時間16分
休憩:59分
合計:5時間15分
コースタイム:6時間10分

Total distance: 7.34 km
Max elevation: 2904 m
Min elevation: 2127 m
Total climbing: 1002 m
Total descent: -1212 m

Total distance《沿面距離》
Max elevation《最高標高》
Min elevation《最低標高》
Total climbing《累積標高(+)》
Total descent《累積標高(-)》

起床

西穂高山行1日目はあいにくの悪天候でした…。2日目の日曜日も事前の予報では雨、1日目の小屋で流れているテレビの天気予報では深夜は晴れで日の出以降は曇りのち雨。
とりあえず朝早く起きて日の出を見て(見れたら)どう行動するか決めよう!という事で、たしか6:15くらいの日の出に合わせて5時起きです。

5時に起きるとSさんは起きてどこかに、Sっぺさんとぽこさんはまだ寝ています。起きて窓から外を見ると、なんと雲は出ているけどキレイに空が見えています!
こりゃもう今すぐ山頂に向かうしかないでしょと、外に出てみるとヘッデンを付けて登り始めている登山者がちらほら。すぐに部屋に戻りみなを叩き起こし、状況を説明して急いで準備をさせます。朝ごはんも食べ、6時頃にはみな小屋前に集合し出発の準備が完了です。

ちょうど小屋前で天気を見に来ていた西穂山荘の気象予報士の粟澤さんに今後の天気の移り変わりを聞いてみると「南から湿った空気が北上してきてるから30分から1時間でガスが上がってくる」と…。とりあえず登りますか。

1日目はガスってて何も見えなかったので、雲があっても周りの山々が見えるだけでみなテンションがあがります♪小屋付近から、上の画像は200名山の霞沢岳、下の画像は100名山の焼岳。
西穂山荘 日の出前 雪山 霞沢岳西穂山荘 日の出前 焼岳 乗鞍岳 雪山

西穂山荘から西穂高岳山頂へ

西穂山荘(6:09)

 みなの準備が整い出発です。もう数分で日の出の時間ですが、東の空には雲があり何も見えなさそうなので気にせずずんずん登ります。今日は独標がはっきりと見えていてテンションが上がりますが、独標から先は雲の中…。西穂高岳 雪山 独標

山頂は見えませんが霞沢岳が見えます。画像右下には大正池。霞沢岳 雪山 西穂高岳

日の出前後の時間の雲は色づいてキレイです。夜明け 西穂高岳 雪山

以前から出来ているエビの尻尾に、昨日の雨氷が付着して2層になってる!エビの尻尾 雨氷 雪山 西穂高岳

丸山(6:29)

丸山まではあっという間。この辺りで体調が悪くぽこさんはリタイアし小屋に戻ってしまいました…。昨日から体調良くなかったのに無理をさせてしまい申し訳ない…。丸山 西穂高岳 雪山

焼岳は雲がかかっていなくて登りやすそう。奥の乗鞍岳もたまに山頂が見え隠れするのでそんなに天気は悪くないのかな?西穂高岳 焼岳 雪山

独標まであと少し。今日は進む先が良く見えてサクサクと登れます。西穂高岳 独標 雪山

明神岳も見えた!けど山頂は微妙に見えていないかな?無雪期に明神岳を登りたいな。明神岳 西穂高岳 雪山

(7:08)独標(7:15)

1日目と同じく2日目も西穂山荘から1時間で独標に到着。SさんとSっぺさんに「独標は難しかったか」と聞くと「思っていた程ではない」と、「この先行けるとこまで行きたいか」と聞くと「行きたい!」とやる気MAXなので、独標で少し休憩してから先に進むことにしました。お二人とも山に来るまでは「たぶん独標まで…」と弱気だったのに、やっぱり先が見えると行きたくなっちゃうみたい。
独標から先は若干ガスがかかっていたけれけど、次に目指すポイントのピラミッドピークがうっすら見えていました。とりあえずピラミッドピークまで行って様子見。
独標 ピラミッドピーク 西穂高岳 雪山

ピラミッドピーク(7:34)

独標から西穂高岳山頂までの間、ガスっていたのもあって標識以外撮るの忘れちゃってました…。下りで数枚撮っているので後程のせます。
独標からピラミッドピークまでは、1箇所雪がほぼ付いていない岩稜のピークの下りがあり危険で、いつも出来る大きな雪壁はそれほど成長していなく難なく越えられました。危険な雪庇もほぼ無し。SさんもSっぺさんもまだまだ行けるようなので記念撮影だけして山頂に向けさらに進みます。
ピラミッドピーク 西穂高岳 雪山

(8:12)西穂山頂

ピラミッドピークを越えてからは、再度1箇所雪がほぼ付いていない岩稜のピークを下り、トラバースしたり、急登を登ったりと、最後の最後で体力や精神力を使います。でも、降雪はなかったのでトレースはしかっりし良く踏まれて歩きやすいし、連日の曇りで雪が緩んでもいないし、眺望が良くないことを除けばベストなコンディションでとても登りやすかった!
特に危険なこともなく無事西穂高岳山頂に登頂し3人でハイタッチし記念撮影。奥穂方向へのトレースは消えかかっていたのでここ数日は誰も歩いて無いようでした。

天気がどうなるか分からないし、山小屋でぽこさんが待っているので長居は無用と、記念撮影と飲み物飲んだら下山開始です。
西穂高岳 山頂 雪山

西穂高岳山頂から西穂高口駅へ

西穂山頂(8:20)

山頂から降りると若干ガスが薄くなってきました。風は強くないけれどガスが濃くなったり薄くなったりが繰り返されていて、たまにピラミッドピークや独標がちらっと見えます。
この画像の左側のピークがピラミッドピーク。
ピラミッドピーク 西穂高岳 雪山

この画像に移っているピークが雪のついてない岩場。下りはドキドキしたけど登りは楽チンでした。僕がちょうどカメラの画像確認している所なので、たぶん上の画像を撮った直後くらい。西穂高岳 雪山

あと少しでピラミッドピーク。ここから少し進めば独標なので、そこまで行けば一安心。ピラミッドピーク 西穂高岳 雪山

ピラミッドピーク(8:58)

ピラミッドピークから下はガスが少ないです。ちょうどこの辺りが境目みたい。雪壁に数人取りついています。ピラミッドピーク 西穂高岳 雪山

雪壁の下り。トレースがしかっりしていてステップが作られていたので登りも下りも難儀しませんでした。話によると、降雪後でトレースが無いと登れなくて大変みたいです。雪壁 西穂高岳 雪山

もうあと少しで独標です。今回、山頂まで歩いて、独標~ピラミッドピーク間が一番難度高かった気がします。ピラミッドピーク~西穂高岳山頂間は難度が高いというよりも体力と疲れからくる注意力の低下に注意って感じでした。独標 西穂高 雪山

独標(9:13)

独標に到着!ここまで来れば一安心。雲の隙間から太陽が見え隠れしていたので、ブロッケン現象見ようと頑張ってみましたが、うす~く虹が見えただけでブロッケンは見えず…。独標 西穂高岳 雪山

独標の下りはもうお二人ともあっさりと降りちゃいます。ここは混むし狭いしですれ違いが大変。独標 西穂高岳 雪山

丸山(9:42)

もう丸山はさくっと通過。

(9:51)西穂山荘(10:35)

無事に西穂山荘到着!ちょうど丸山から山荘へ降りている所でぽこさんとすれ違い、ぽこさんは丸山に向かって登って行きました。
天気予報も粟澤さんの予報もが外れてこの頃から雲が一気に晴れてきました。良い天気でポカポカして暖かい。
西穂山荘 雪山霞沢岳

朝は雲がかかっていた霞沢岳も山頂まではっきりと見えるようになってました。西穂山荘 雪山 霞沢岳

丸山から降りてきたぽこさんと合流し、デポしてあった荷物をまとめロープウェイ駅に向け下山開始です。トレーニングも兼ねてアイゼンを外して下ったのですが、女性人3人はつるつる滑って何度も転び大苦戦。慣れればノーアイゼンの方が楽で早いので頑張って。
西穂山荘から降り始めてすぐ木々の隙間からずっと見えなかった笠ヶ岳と西穂山頂が姿を現してくれました!西穂の稜線はやっぱりきれいですね~。この時間に山頂にいた人はラッキーで、またすぐにガスがかかり見えなくなっちゃいました。笠ヶ岳 西穂高岳 雪山西穂高岳 雪山

ボッカ道分岐付近(10:59)

ロープウェイ駅からボッカ道分岐の間には小屋が2つあって、この木造の小屋を通り過ぎれば駅までもう少し!西穂高岳 雪山

(11:24)西穂高口

無事に誰も怪我することなく下山しました。ここまで来ると観光客がいっぱいで別世界。西穂高岳 西穂高口 雪山

西穂高口駅では、次のロープウェイまで時間が少しあったので「飛騨牛コロッケ」280円と「牛乳ソフトクリーム」350円を食べました。山にいると油ものを食べないからコロッケがすごく美味しい♪
西穂高口 ロープウェイ 飛騨牛コロッケ ソフトクリーム

第2ロープウェイを降りてきました。ここには人型のでっかい雪の壁があって、入って記念撮影が出来ます。数週間前までは5人入れる型があり、上に『WELCOME』の文字があったのに、数日前に気温がぐんとあがりだいぶ溶けて小さくなってしまっていました…。
1日目にも書きましたが、新穂高ロープウェイの料金は第1・第2ロープウェイ連絡(新穂高温泉~西穂高口)で往復2900円です。JAF割引がきくので、会員証を提示すれば300円引きで2600円とお得になりますよ!登山でも使うロープウェイは大体JAF割引がきくので、会員の方はぜひ利用してください。鍋平高原駅 しらかば平駅 第一 第二ロープウェイ 人型

第1ロープウェイに乗り新穂高に到着。みなさんお疲れ様でした~。新穂高温泉駅 第一ロープウェイ

温泉

温泉は「奥飛騨ガーデンホテル 焼岳」に行きました。日帰り入浴は12:00~22:00(最終受付21:00)で700円(タオル別)です。奥飛騨ガーデンホテル 焼岳新穂高利用の登山者で定番と言えばたぶん、新穂高ビジターセンターの隣にある「中崎温泉 奥飛騨の湯」8:00~20:00で800円(タオル別)か、平湯温泉の「ひらゆの森」10:00~21:00(最終受付20:30)で500円(タオル別)だと思います。
バス利用だったり新穂高解散ですと奥飛騨の湯、松本IC利用だと通り道にあり安くて広いひらゆの森、を利用する人が多く、登山シーズンに入るとすごく混みます。そこで奥飛騨ガーデンホテル焼岳です!クマ牧場の向かいにあり、松本IC利用だと寄り道することなく立ち寄る事が出来、ホテルの温泉なので登山者は少なく落ち着いていてキレイです。
実は、このホテルの温泉の売りは混浴露天風呂なのですが、下の画像のように湯衣(ゆあみ)を着て入浴でき、男女グループでも一緒に温泉に入りながら山談義が出来るのです。
奥飛騨ガーデンホテル 焼岳 湯衣
湯衣を着ていようが混浴はちょっと…という方ご安心ください。混浴露天風呂の他に男女風呂どちらにも露天風呂が付いていますのでゆったりとお風呂を楽しめます。
風呂上りにはやっぱりコーヒー牛乳♪奥飛騨ガーデンホテル 焼岳 コーヒー牛乳

ちなみに、ぽこさんはいつも『シャンプーとリンスーが別か』という事にこだわっていて、同じように考えている女性も多いと思います。新穂高周辺だと、このガーデンホテル焼岳と奥飛騨の湯はリンスが別でした。

厳冬期西穂高岳の2日目です。1日目はこちらをご覧ください。

更新情報が欲しい方は「いいね」か「フォロー」をお願いします。

 - 岐阜, 長野 , ,